読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

語られない闇を語る

司法試験、大学受験、労働問題、社会問題などを中心に、あまり語られていない・語りつくされていない闇について語っていこうと思います。苦難と失敗から得た知見を曝け出していく予定です。

今の子供たちは今の大人と比べ物にならないぐらい賢くなる可能性を秘めている

社会

 インターネットが普及して久しい現在、人々は当たり前のようにインターネットのメリットを享受しているせいで、インターネットのありがたみを忘れているところがある。

 しかし、当たり前になりすぎて忘れているだけで、インターネットから大量の情報を安価で得られるようになったというメリットは多大である。

 

 その中でも個人的に特にメリットが大きいと思うのが育児の点である。

 今回は、インターネットが育児に多大なメリットを与えるのではないかという話をしようと思う。

 

 

○とにかく情報が大量に得られるようになった

 現在であれば大人は様々な育児の情報・成功談・失敗談を大量にネットから仕入れてることができる。

 それこそ、昔とは比べ物にならないぐらい情報を得ることができるのである。

 

 かつては地元のママ友や親などからしかなかなか聞けないことが、今では全国全世界のママパパから話が聞けるわけだ。

 参考になる例や意見をいっぱい見ることができるようになっているのである。

 

 10個の情報を元に物事の判断をするのと2個の情報を元にそうするのでは、前者の方が適切な判断ができるだろうし、少ない情報しかないとどうしても偏った考えに陥りやすいが、大量の情報を仕入れることで「多くの人がこう言っているしこれはおそらく正しい・これはたぶんよくない」というのが判断しやすくなる。

 情報が多いというのは、それだけ真実に近づける可能性が高まるのである。

(勿論、情報と言えども玉石混交なところがあるし、石に当たる情報ばかり増えすぎるとかえって真実から遠のくおそれもあるのだが。)

 

 

○表に出しにくい話、失敗談も聞けるようになった

 ネットがない時代では、どうしても他人に悪く思われたくないため、発達障害など表に出しにくい話が出回ることはなかったし、失敗談は隠されることも多かった。

 

 しかし、匿名で語ることが簡単になった現在では、発達障害などを持つ子にどう対応すべきかという情報を得られやすくなっている。↓の記事でも述べたような話になるが、今まで実名では語れなかった内容の話まで情報を得ることができるようになったのである。

yamifuka.hatenablog.com

 それらの情報があるとないとでは、ゲームの攻略wikiを読むのと読まないとの差ぐらい違うのでないだろうか。当然、攻略wikiがあるなら読まない手はないだろう。わざわざ縛りプレイをする必要などないはずだ。

 

 また、どういう教育方法で上手くいったかだけではなく、こういう教育をしたが子どもから反感を買ってダメだったという話も聞くことができるようになった。幾多もの成功談だけでなく、幾多もの失敗談を聞くことができるようになったのである。

 しくじり先生という番組が人気なことからわかるが、失敗者の語ることというのは実にためになり学ぶところが多い。それに、自慢話ではないので聞いていてもすんなり頭に入る。

 

 

○地域を超え、時代を超えた話が聞けるようになった

 ネットがない時代だと、基本的には、同じ地域に住むママ友や母親や母親世代の人間ぐらいからしか情報を仕入れることはできなかった。

 一応、その時代でも、本を読むことで様々な情報を得ることはできないわけではなかったが、失敗談はなかなか表に出てこないし、どういう思いで先輩たちが育児に取り組んだのかなども聞きづらかった。今ほど活きた情報を手に入れることは難しかったのである。

 

 それが今では、自分と全く違う地域の人の話も聞ける。

 田舎にいても都会の話を聞けるわけだ。周りでは誰も中学受験の重要性を理解していなくても、都会の人の話を聞くことで適切な判断をする材料にできたりする。

 それに日本どころか海外の話だって簡単に目にし、聞くことができる。海外の優れた手法を利用することもたやすくなったのだ。

 

 また、少し上の世代もネットでいろんなことを語ってくれている。

 時代が違えば、育児の問題も変わってくるのだが(昔と違ってネットとの付き合い方、スマホとの付き合い方が重大問題になる、大学入って当然の考えになるなど)、それでも所詮人は人であり、時代が違っても共通する問題は多い。なので、先人の教えは大いに役に立つことも多いだろう。

 先人のありがたい教えを大量に入手できるようになったのは、育児を行う上で多大なメリットになるはずだ。賢者の言うことはしっかり耳を傾けたほうがよいだろう。

 

 

 よく考えれば、現在の20代も昔の20代に比べれば、はるかに様々な情報をもっているし、人権意識や他人への配慮、モラルという点で比べ物にならないほどまともになっている。


 なんだかんだでハラスメントをしたり、モラルに欠く行動をするのは中年やお年寄りの人が多いし、コンビニや飲食店の店員に酷い対応をするのはだいたい中年以上の人だ。

 結局、平均レベルをみれば、若い世代こそ賢くなりまともになっていっている気がするし、どんどん若い人が賢くなっているのを見ると今の子どもはとんでもなく賢くなるのかもしれない。

 まあ、高学歴の者ほど平均の出産数が減る分、先進国の人の平均IQは落ちているという研究もあるけどね。