読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

語られない闇を語る

司法試験、大学受験、労働問題、社会問題などを中心に、あまり語られていない・語りつくされていない闇について語っていこうと思います。苦難と失敗から得た知見を曝け出していく予定です。

経済的合理性があるとしても、正当性がないので本人の同意なしの安楽死はやはり許されない

社会

 障がい者施設で19人もの死者を出した相模原の大量殺人事件が話題になっていますが、事件前も後もネットでは「障碍者などどうせ生きていても迷惑しか書けないんだから、死なせた方が良い」、「医療費や社会保障費の負担ばかり増やす邪魔ものだから安楽死すべき」という意見が見られるのは珍しくありません。

 さすがに好き好んで逮捕され死刑になりたい人はほぼいないので、その意見や理念を実行に移す人はまずいませんが、上記のような障碍者へのヘイトとなる発言は普通に存在しているのが実情です(例えば下記事のコメント欄など)。

world-fusigi.net

 

 あえてネットで書き込んだり、口に出したりすることはしないまでも、正直、「社会に負担しかかけないような障碍者や老人、ニートなんかは死んだ方がよい」と思う人は少なくないと思いますし、中でも「意思の疎通すら難しい知的障碍者や重度の認知症患者などについては死んだ方が家族や社会のためになる」と思う人はかなり多いと思います。

(日本では内心の自由が保障されているため、今回の事件のように殺人計画を実行に移したり、ヘイトスピーチをしたりせず考えるだけであれば何も問題ありません。)

 

 とはいえ、同意なく安楽死を行うことはやはり許されないでしょう。

 以下に簡潔にその論拠を書いてみたいと思います。

 

 

○経済的合理性は正直あるだろう

 重度の知的障碍者や重度の認知症の人は満足に働けない人が多く、経済面で社会に貢献することはかなり厳しいでしょう。

 その一方で、多額の医療費や社会保障費は使われていますし、社会の負担はばかになりません。

 

 身体障碍者は働ける業種が限定されるだけで何とか働ける人も少なくないですし、精神障碍者も適切な治療をすれば回復・寛解し、症状を抑えることができることも多いのですが、知能に問題を抱えてしまうとそうもいきません。

 言葉は悪いですが、経済面だけでいえば厄介者になってしまうところがあると言わざるを得ないでしょう。

 なので、同意なしに安楽死をできるようにすることは、経済的合理性はあると思います。

 

 

○家族の負担も正直減る

 好きで障碍者等の面倒を看ている人は別に良いのですが、実際にはそういう人は少数でしょう。福祉施設や他のきょうだいに厄介ごととして任せっきりの人も多いと思います。

 私も認知症の祖母の面倒を看させられていますが、お金がなく家賃を節約するためだけにそうしているだけです。

 

 その祖母ですが、もはや仕事もできず、娘の名前すら間違えても気づかず、人に迷惑をかけてもそのことが理解できないといった状況であり、正直週4回のヘルパーがいなければ私もとっくに逃げ出している状況です。

 意思の疎通ができ、少なくとも小学生ぐらいの知能がある人相手でもかなりキツイというのが実情ですが、同じような人は世の中にごまんといる。

 

 ましてや重度の知的障害だと、意思の疎通すら厳しくなるので負担はもっと重くなります。

 私の親戚にも2歳程度の知能があるかも怪しいほどの重度の知的障害者がいますが、その親は離婚する羽目になりましたし、うつ病も経験し、心中も検討していたようです(相談を受けた母からの又聞き)。

 ネットでは障害のある子の親やきょうだいの綺麗ごとでない話が結構語られていますが、親の人生は大きく変えられるのはもちろんのこと、きょうだいも障がいのある子に親がつきっきりになる傾向が強く、成人した後に障がいのある子の面倒を引き受ける羽目になることもあるため、負担は大きいです。

 

 家族にとっても、死んでくれれば幸いというケースは正直少なくないでしょう。

 健常者であっても、周りから「さっさと死んでくれないか」と言われ、「心でほっとした」と言われるような人がいるわけですから、障がい者に対してそう思ってしまったとしても仕方がないところがあると思います。

 

 

○とはいえ、正当性がないので許されない

 経済的合理性ばかりが追及され、金のためなら何でもやるという傾向が国レベル(ギリシャのドイツへの対応を見よ)、社会レベル、個人レベルで色濃くなってきた現代社会では、「人に迷惑をかけ社会に役に立たないから死ぬべき」という意見は説得力があるように受け取る人が少なくないと思います。

 

 しかし、人は生きていれば多かれ少なかれ迷惑をかけるものですし、むしろ健常者の方が多くの人に影響を与える行動をとれるので、多大な迷惑や損失を与えている人もいるでしょう。

 例えば、研究不正による損害は規模にもよりますが、1件あたりで5000万円にはなるとの報告もあります。

捏造しても「バレない」科学界の“常識”を問う

 

 そこまで大々的でなくても、部下や妻、子どものメンタルを破壊し、周囲の人に不快感ばかりを与えているような人は珍しくありません。

 それなのに、何故障碍者だけ「社会に迷惑をかけている」という理由で殺されなければいけないのでしょうか。

 「それならば社会に迷惑をかけている人全員を殺せばいい」ということを言う人もいるでしょうが、その判断は極めて困難で事実上不可能ですし、そもそも社会に迷惑をかけても生きてはいけないという合理的理由もないでしょう。

 個々人が「自分は他人に多大な迷惑や損害を与えてまで生きたくない」と思って安楽死を選ぶのは別に良いのですが(私もその理由で自ら安楽死を選ぶことは十分あると思います。)、他人に死ねと強要することは正当化の根拠がないと思います。

 

 そもそも、自己の身体をどう処分するかはその人自身に決定権があるはずです。

 いくら最大多数の最大幸福に適うと言われても、自分が犠牲となる代わりに二人の命を救おうと思う人は少数でしょう。「あなたを殺すことで二人の命が救われるのであなたを殺す」と社会から言われてもふざけるなという話です。

 障碍者も当然その人自身が安楽死するか否かの決定権をもっているはずであり、いくら知能に問題があるとしても、自己の生命の処分という重大な決定を他人が代理して決めることは許されないでしょう。

 

 

 そういうわけで、やはりナチスドイツや一部のネット民が言うような同意なしの安楽死は許されないのです。

 当人は経済的合理性という物差しでしか物事を見られない残念な頭の持ち主なので、合理性があるという一点のみで自分が正しいと思っているのかもしれませんが、正当性という観点を見れば当然ダメです(他にもダメな理由はあるのでしょう)。安楽死が許されるべきというのなら、正当性を害するほどの合理性があると説明するなどもっとまともな理由を述べろという話です。

 

 しかし、経済的合理性ばかり追求して正当性を軽視する現代社会では、「どうせ支援しても見返りがないし他の政策を優先すべき」と考えられるでしょうし、大衆としても「まだ支援すれば見返りのある自分たちを優先しろ」と考えるはずなので、障碍者等の支援は減らされる可能性が十分にあります。

 そのため今後、障碍者等をどうするかの処遇はさらに大きな社会問題になっていくと思います。財政面でゆとりのない今、綺麗ごとばかり言うのではもはや通用しないでしょう。